消費税増税と住宅ローン減税の関係は?

「住宅ローン減税制度」とは、住宅ローンを契約する際に、契約者の金利負担を軽減する目的で作られた制度です。毎年末のローン残高の1%が10年間、所得税から控除されるようになっています。(ただし限度額があります。)また、所得税で控除しきれない分は、住民税からも一部控除されるようになっています。この制度を利用するためには、個人単位での申請が必要になります。(世帯単位ではない点に注意。)さらに、この制度は平成26年4月からの消費税率のアップに合わせて、大幅に拡充されることになっています。具体的には、最大控除額が現在は200万円のところが最大400万円にまで引き上げられます。また、住民税からの控除額も現在97500円のところが136500円になります。ただし、これには床面積が50㎡以上であることと、借入金の償還期間が10年以上であることの2点の条件がありますので、ご自分は要件を満たしているかどうかを調べると良いでしょう。

http://www.jyutakuzeikin.com/
消費税増税によって住宅ローンはいつ借りるのがお得なのでしょうか?減税や補助金などの支援や景気対策などをもとに住宅購入とローン借り入れののベストタイミングを考えます。