plalaとDTIを比較するとどんな違いがあった?

マンションタイプの場合は、住居の世帯数に関わらず714円となっていて、8世帯未満の場合84円割高ですが、8世帯以上の場合は126円安くなっています。
では、取次ぎサイトの価格.
comのキャンペーンを適用するとどうなるかというと、DTIは光回線の戸建タイプで、42,719円の割引となり、割引額が1,894円多くなっていて、初年度の実質月額費用も、2,233円となり210円お得になっています。
マンションタイプに関しては、割引額が31,500円と13,799円も少ないものの、初年度の月額費用は540円で、8円だけお得になっています。
費用以外に、サービス面を考慮する方もいますので、サービスも比較してみましょう。
光回線のマンションタイプを利用する方や、費用やサービスの多さではなく、大手の安心感や、プロバイダーと回線業者を、NTTに統一することにメリットを感じる方は、plalaを利用した方が良いでしょう。
光回線速度比較